西東京市と練馬区の間に位置する西東京かとう整形外科です。医師と理学療法士が連携して、治療・リハビリテーションを実施しています。

今日は、特異的腰痛と非特異的腰痛についてお話したいと思います。

腰痛は大きく分けて特異的腰痛と非特異的腰痛の2つに分けられます。

特異的腰痛とは、診察・画像所見で原因が特定できる腰痛です。

非特異的腰痛は、診察・画像所見で原因が特定できない腰痛です。非特異的腰痛 は腰痛の85%を占めると言われています。

画像所見で原因が特定できない腰痛が圧倒的に多いですが、何故でしょうか?

画像検査(X-ray、MRI)は、身体が止まっている状態を表しているからです。

腰痛は止まっている時にだけ現れません。動いているとき、じっとした後に動き出した後に症状が現れることもあります。

身体の使い方、動かし方、生活習慣を確認する必要があります。仕事がデスクワークの場合、座位姿勢など確認していきます。また、腰椎の近くにある関節である胸椎、股関節に問題があると、腰椎に負担が生じることはよくあります。

例えば、股関節がすごい硬い場合、前屈(前におじぎ)すると股関節が硬いので腰椎に負担がかかります。これを日常的に何十回、何百回としていると、知らないうちに腰に負担がたまっていきます。

当院では、リハビリテーション、運動の専門家である理学療法士が、患者様のお身体の状態、身体の動かし方、良くない習慣を確認しています。腰椎だけでなく、胸椎、股関節、また、足関節の状態を確認する場合もあります。

日常的に良くない姿勢を続けていれば、お腹周りの筋肉が弱くなっている場合もあります。

腰痛の原因は多岐に渡ります。腰痛でお悩みの方、ぜひ当院までお越しください。