西東京市・練馬区・新座市の間に位置する西東京かとう整形外科です。

医師と理学療法士6名が連携して患者様の治療・リハビリテーションを行っています。

dav

本日、当院の理学療法士、濱PTが「膝前十字靭帯(anterior cruciate ligament : ACL)の術後リハビリテーション」について院内研修会を実施しました。

当院では近隣の病院で(順天堂大学付属練馬病院など)、手術された患者様の術後リハビリテーションを多く行っています。

膝前十字靭帯の手術をされる方は、スポーツをされている方がとても多いです。当院でも、さまざなスポーツ競技に対して、スポーツ特性を考慮したリハビリテーションを行っています。

今回、最新の文献・研究を基に、理学療法士が行う術後リハビリテーションをアップグレードしました。

スポーツ復帰はもちろん、再発予防のために必要なことを考え、個々の患者様に提案していきたいと思います。

整形外科疾患でお悩みの方、 また、リハビリテーションをご希望の方は、ぜひ当院までお越し下さい。

※リハビリテーションを行うためには、医師の診察が必要です。