西東京市・練馬区・新座市の間に位置する西東京かとう整形外科です。

医師と理学療法士6名が連携して患者様の治療・リハビリテーションを行っています。

本日、院内勉強会「足サイズの測定」を行いました。

dav

当院では理学療法士によるインソール(靴に入れる中敷)作成を行っています。

インソール作成にあたって、”今、履いている靴が自分の足のサイズに合っているかどうか”を確認することはとても大切です。

インソールを作成しても、靴のサイズが合っていない場合、効果は半減してしまいます。

足サイズ測定には、①足長、②足囲(ウィズ)、③足幅、の3点を考慮します。

足囲(ウィズ)というのうは、2E、3E,4E、といった足周りの長さのことを言います。

足長が合っているのはもちろん、足囲(ウィズ)も合っている靴を選ぶことが重要です。

大きすぎる靴を履いている場合、靴の中で足が動いてしまい、不安定性を増大させ、痛みの原因になりますので注意が必要です。

当院では、フットケアトレーナーの資格を持つ理学療法士がいます。足のトラブル、膝・股関節の痛みでお悩みの方は一度ぜひご相談ください。

*リハビリを行う場合、医師の診察が必ず必要です。