肩腱板術後の理学療法について、院内勉強会を開催しました。

肩を支える腱板の筋肉が切れることによって、肩が挙がらなくなることがあります。

腱板とは、肩甲下筋(けんこうかきん)、棘上筋(きょくじょうきん)、棘下筋(きょくかきん)、小円筋(しょうえんきん)のことをいい、肩の安定性・可動性に重要な役目を担っています。

腱板断裂が起きる理由は、外傷、使いすぎ、日常生活での負荷の繰り返し、などが考えられています。

徐々に肩が挙がらなくなった場合、また、突然、肩が挙がらなくなった場合、どちらも腱板断裂の可能性があるため整形外科クリニックの受診が必要となってきます。

保存療法で効果がない、複数の筋肉の断裂がある場合などは手術の適応となります。

当院では、腱板術後のリハビリを多く行っています。

今回の院内勉強会で再確認・アップデートした腱板術後のリハビリの知識・技術を臨床で生かしたいと思います。