練馬区・西東京市・新座市の整形外科・スポーツ整形外科・リハビリテーション科

外反母趾

  • HOME »
  • 外反母趾

外反母趾とは

外反母趾とは、”母趾の付け根(母趾MTP 関節)が小趾の方向に曲がった状態(外反)” のことを言います。

日本のガイドラインでは、レントゲンで外反母趾角(HV 角)20°以上を外反母趾としています。

症状は、母趾の付け根の疼痛・腫脹・発赤、胼胝(べんち=たこ)、中足痛、アーチ低下によるバランス低下、足部機能低下による膝・股関節・腰の痛みなどさまざまです。外反母趾が進行すると、足底の第2・3付近や第2趾背側の胼胝、第2趾背側部痛、第2MTP関節の脱臼が生じます。

また、HV角はフットプリントによる計測も可能です。当院ではフットプリントを用いて、HV角、荷重状況、足趾の変形などを確認してます。

外反母趾の原因には、不適切な靴を履く(先の細い靴、踵の高い靴、大きすぎる靴など)、足部機能低下、過去の怪我(捻挫などによる不安定性残存)、遺伝、足の形状や・変形、筋バランスの破綻などが考えられています。

外反母趾は圧倒的に女性に多い疾患です。ハイヒールなどの先端が細い靴や踵の高い靴を使用することが主原因と考えられています。この場合、基節骨が外反した状態となってしまいます。

しかし、外反母趾は母趾基節骨の外反だけでなく、第1中足骨の内反も原因の1つと考えられています。

第1中足骨の内反は足のアーチ低下と関係があります。足のアーチ低下は、大きな靴を履く、運動不足による筋力低下・バランス低下などによって起こります。

大きい、広い靴を履くとどうなるか?

足サイズよりも大きい靴を履くと、足が靴の中で動いてしまい、体重をしっかり支えることができず、バランスを崩してしまいます。

また、足が動くことで、母趾の付け根が靴に当たってしまい痛みの原因となります。そして、正しく母趾で地面を蹴って前に進むことができなくなります。

これらの状態が続くことによって、足の機能が低下していきます。足の機能が低下することによって、足のアーチが下がっていきます。

第1中足骨が内反することで足部・前足部の横アーチが広がった状態の開張足、また、足部・縦アーチが低下した状態の扁平足になるといった悪循環が起き、外反母趾を作りあげていきます。

そして、母趾の付け根が当たって痛いから、さらに大きい靴を選ぶ、ことにつながっていきます。

足のアーチ低下は膝・股関節、腰の痛みを引き起こす

変形性膝関節症の原因は、加齢、肥満、殿部や大腿の筋力低下、運動不足、過去の怪我(半月板損傷、靱帯損傷)などさまざまありますが、足部の変形(外反母趾・扁平足・開張足など)や足部機能の低下も指摘されています。

足には3つのアーチ(横アーチ・内側縦アーチ・外側縦アーチ)があります。

   

内側縦アーチ:踵骨・距骨・内側楔状骨・舟状骨・第1中足骨で構成
外側縦アーチ:踵骨・立方骨・第5中足骨で構成
横アーチ:内側縦アーチと外側縦アーチを結ぶアーチ

足のアーチ機能が下がり扁平足・開張足になることで、体重をしっかり支えられない、下肢の筋肉を正しく使えないといった問題が起こり、膝・股関節、また腰部に負担がかかります。

当院では、変形性膝関節症・変形性股関節症・腰痛の患者様で足部に問題がある場合、インソールをご提案・実施しています。

インソールを実施した結果、疼痛軽減・消失、バランスの向上など良好な結果が得られています。

外反母趾の保存療法

外反母趾の保存療法には、投薬、リハビリテーション、インソール(足底板)があります。

外反母趾のリハビリテーション

リハビリテーションでは、①正しい靴を履く、②徒手療法、③ 運動療法、④テーピング、⑤ 物理療法を行います。

① 正しいサイズの靴を履く

膝・股関節の痛み、足にトラブルを抱えている人で、実際の足サイズと靴が合っていないことが多く見受けられます。

大きい靴を履いている、靴紐を結ばない結果、足が靴の中で動いてしまい母趾の付け根が当たって痛い場合は、適切なサイズにする必要があります。

一方で、先の細い靴・小さい靴によって、母趾の付け根が圧迫されて痛い場合は、適切な靴・サイズにしなくてはいけません。

当院では、足長、足囲、足幅を測定し、適切な靴のサイズをご提案しています。

また、靴の履き方も大切です。

正しい靴の履き方

① 靴を履いてつま先を上げて、踵に合わせます。

② つま先を上げた状態で、靴紐を結びます。

悪い靴の履き方

つま先を下げて、踵が膝よりも前にだした状態で靴紐を結ぶと、歩行中に足首のところが痛くなります。

② 徒手療法

足関節、母趾MTP関節の動きを良くするために、セラピストが関節を動かしていきます。

③ 運動療法

外反母趾の運動療法として、足趾をグーパーする運動や、母趾外転運動があります。足の機能が低下している場合、パーができなくなることが多いです。

殿部、大腿の筋力低下や不良姿勢が問題の場合は、足部以外の運動も行います。

外反母趾によって前足部への荷重がうまくできない場合、バランス低下などがある場合はバランスエクササイズ・歩行練習も行っていきます。

④ テーピング

外反母趾に対するテーピングはさまざまありますが、簡単にできる方法として中足骨レベルを巻く方法があります。

中足骨を圧迫することで、足のアーチが形成され、足への負担を軽減できます。

疼痛が強い時期、室内で痛い場合などに有効です。

⑤ 物理療法

疼痛軽減・疼痛コントロールを目的に物理療法(干渉波機器・超音波機器)を行います。

外反母趾のインソール

足部機能の改善、バランスの改善、アーチのサポートなどを目的にインソールを作成します。

適切な靴の選択、運動療法・テーピングで効果のある場合はインソールは行いません。

しかし、多くの患者様は来院された時点で扁平足・開張足、外反母趾などの足部の変形があり、また、X脚・O脚、変形性膝関節症などの別の問題を抱えていることがあります。

その場合、通常のリハビリテーションだけでなく、インソールをご提案しています。

インソールを行うことで、現在の状態を改善するだけでなく、外反母趾・O脚などの変形の進行を予防することが可能です。

当院では理学療法士・フットケアトレーナーによるインソール作成を行っています。

インソール作成についてはこちらをご確認ください。

理学療法士によるインソール作成

お気軽にお問い合わせ下さい。 TEL 042-439-7031

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 西東京かとう整形外科 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.