練馬区・西東京市・新座市の整形外科・スポーツ整形外科・リハビリテーション科

インソール作製

  • HOME »
  • インソール作製

インソールとは

インソールとは、“治療用の中敷”です。

当院では、”理学療法士”によるインソール作製を行っています。

足サイズ・足の形態・立位姿勢の評価に加え、歩行などの動作を確認しながら調整することで、より機能的なインソールを作製しています。

インソールで軽減・改善が可能な症状

・外反母趾・内反小趾・扁平足・浮き趾
・脚長差(左右の下肢の長さの違い)、膝の変形(O脚・X脚)
・変形性膝関節症・変形性股関節症・ 腰部脊柱管狭窄症
・腸脛靱帯炎、鷲足炎、ACL損傷、膝半月板損傷
・アキレス腱炎、足関節捻挫・シンスプリント・足底筋膜炎
・慢性の膝・腰の痛み、歩行時のバランス低下

*1 使用するパーツにより料金が異なります。
*2 インソール作製料金・調整料金とは別に、リハビリテーション料金が発生します。
*3 インソール作製は、完全予約制です。
*4 インソール作製には、医師の診察が必要な場合があります。
*5 インソール作製は、自費(保険適応外)となります。

インソール作成の流れ

1. 足サイズ計測

足のサイズを計測し、理想の靴サイズ(長さ、2Eなどのウィズ)をご提案します。足のサイズ計測は、足にフィットする靴選びの基本となります。
多くの方が実際のサイズよりも大きい靴を履いています。大きすぎる靴は、足関節、膝関節、股関節・腰への負担を増大させ、痛み・変形の原因となります。

2. フットプリント採取

フットプリンターを使って、足の形態・変形(外反母趾・内反小趾・浮き趾・扁平足など)、体重のかかり方(前方・後方重心)を確認します。

3. 歩行観察・動作分析

歩き方を詳しく観察して、バランス、負担のかかり方をチェックしていきます。スポーツ選手に対しては、実際のスポーツ動作(ステップ、ジャンプ、切り返し)を確認していきます。

4. 説明

痛みの原因がどこにあるのか、ご説明します。靴が問題となっている場合、最も適した靴をご提案します。靴を変えることで問題が解決される場合、インソールを作成しないこともあります。靴を確認した上で、インソールが必要となった場合、インソール作成をご提案します。

5. インソール作成

アーチパット、付加パットなどを用いて、靴に合わせたインソールを作成し、グラインダーで調整していきます。

 

6. 調整

インソールは1回で作成できる場合と、複数回に分けて作成する場合があります。長年かけて起きた関節の変性、痛み、脚の長さの違いなどがある場合、複数回に分けてインソールを作成します。

お気軽にお問い合わせ下さい。 TEL 042-439-7031

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 西東京かとう整形外科 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.