練馬区・西東京市・新座市の整形外科・スポーツ整形外科・リハビリテーション科

腰部椎間板ヘルニア

  • HOME »
  • 腰部椎間板ヘルニア

腰部椎間板ヘルニアとは

人の背骨のことを脊椎(せきつい)と呼びます。脊椎は頚椎、胸椎、腰椎、仙椎の4つに別れています。

腰椎(Lumbar)には、5つの椎体(腰の骨)があり、骨と骨の間には”椎間板”というクッションがあります。

椎間板は、真ん中を髄核(ずいかく)、外側を線維輪(せんいりん)と呼び、”荷重を支える” ”動きをサポートする” といった役目があります。

良くない姿勢や身体の動かし方、習慣や環境、筋力不足、柔軟性低下、太り過ぎ、加齢の原因により、椎間板に負担がかかります。徐々に椎間板に負担が増え続けることで、線維輪にひびが入り、髄核が外に飛び出してきます。

椎間板の変性は4段階に分かれています。

椎間板の変性が進行すると、髄核が線維輪の外に飛び出してきます(②髄核突出)。

飛び出した髄核は、靭帯、神経などを圧迫し、疼痛、感覚低下、筋力低下、痺れなどを引き起こします。ヘルニアとは、体内の臓器が本来あるべき場所から飛び出た状態のことを言います。

症状の程度は個人差があり、最近の研究では、画像所見と症状が一致しないという報告もあります。

腰部椎間板ヘルニアは、L4/5(第4腰椎と第5腰椎の間)が最も多く、次にL5/S1(第5腰椎と第1仙椎)が多く起きます。

男性の方が女性よりも椎間板ヘルニアになりやすく、20〜40歳代と働き盛りの年代の方に多いという報告があります。しかし、50〜60歳代の方でも椎間板ヘルニアになる方はいます。

症状が出る部位は、圧迫される部位によって異なります。例えば、L4/5(第4腰椎と第5腰椎の間)のヘルニアで片側の第5神経根の圧迫がある場合、母趾伸筋(足の親指をあげる筋肉)の筋力低下、母趾背側の感覚低下などが起こります。

馬尾と呼ばれる部位が圧迫された場合、尿漏れや便漏れといった膀胱直腸障害や肛門付近の感覚低下などが起こります。この場合、緊急の除圧手術が必要です。

頻度は少ないですが、稀にL2/3(第2腰椎と第3腰椎の間)に起こる場合もあります。L2/3の片側のヘルニアの場合、大腿四頭筋の筋力低下、大腿内側の感覚低下が起こります。

腰部椎間板ヘルニアは、片側に髄核が飛び出す場合もあれば、真ん中にに髄核が飛び出す場合もあります。真ん中に飛び出す正中ヘルニア”の場合、症状が両側にでることがあります。

腰椎椎間板ヘルニアの治療では、保存療法が第一選択となります。飛び出したヘルニアはサイズが大きいものは時間と共に小さくなることが報告されています。また、理学療法によるリハビリによって、症状の軽減、改善が可能です。

当院では、理学療法士によるリハビリテーションを実施しています。

腰部椎間板ヘルニアのリハビリテーション(理学療法)

椎間板に対する負荷は、良くない姿勢や身体の動かし方、習慣や環境、筋力不足、柔軟性低下、太り過ぎ、加齢などによって起こります。また、腰痛は身体機能・構造だけでなく、不安やストレスなどの心理面の問題でも引き起こされます。

 

腰部椎間板ヘルニアになる原因はさまざま、人それぞれ異なります。どういった問題がどのくらいあるのか、どういった機能が制限されているのか、問診・身体評価から見つけ出し、それぞれ適切なリハビリテーションを実施していきます。

関節など柔軟性が問題となっている場合、マッサージ・ストレッチ・関節モビライゼーションなどを実施します。


筋力や体の使い方が問題となっている場合、エクササイズを実施していきます。


姿勢が問題となっている場合、負担のかからない姿勢を学習していきます。


神経が問題となっている場合、椎間孔を拡大する関節モビライゼーションを実施します。関節モビライゼーションによって、早期の症状の軽減が認められます。


心理面が問題となっている場合、疼痛のメカニズムを理解する、カウンセリング、認知行動療法などを実践していきます。

そして、良くない習慣・環境の場合、修正・調整できるところから行っていきます。

腰部椎間板ヘルニアでお悩みの方

当院では知識・技術・経験のある理学療法士がリハビリテーションを行っています。

腰椎椎間板ヘルニアの発症には、良くない生活習慣、不良姿勢、良くない動作などが大きく関わっており、治療また腰痛の再発予防のためには、生活習慣、不良姿勢・動作の見直しが大事です。

腰椎椎間板ヘルニアのリハビリを検討されている方、当院までお越し下さい。

お気軽にお問い合わせ下さい。 TEL 042-439-7031

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 西東京かとう整形外科 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.