基本動作のポイント

  • 運動量の目安:10回、2〜3セット 
  • 痛みのでない範囲で運動を継続する

ホームエクササイズ 注意点

当院では、患者様の個々の状態また身体機能に応じてホームエクササイズの内容・運動量を調整しています。

ホームエクササイズの実施については、理学療法士の指導に沿って行ってください。

基本動作

立ち上がり

立ち上がりは一日の中で何十回も行います。良い立ち上がりを心がけることで、身体の使い方が良くなり、腰・膝などへの負担が軽減します。

  1. 骨盤を立てる。
  2. 骨盤から動きだし、上半身を前に移動させる。
  3. 両足に体重が乗ってきたら、立ち上がる。

前方ステップ

  1. 片方の足を前にだす。
  2. 前足にお尻(骨盤)が乗るように体重移動を行う。
    *骨盤が過度に横に動かない、お尻の力が抜けない

ウォールスライド

  1. 壁から約10cm離れた所に前足を置き、壁に同じ側(または反対側)の手を置く。
  2. 壁にそって手を上に滑らせながら、前足にお尻(骨盤)が乗るように体重移動を行う。

よくある間違いとして、「膝が曲がる」「腰がそる」があります。体重移動の際は、お尻が前足にのる、おへそが壁方向に向くように行いましょう。