動作練習のポイント

  • 運動量の目安:10回、2〜3セット
  • 基本動作を行う時に行う。
  • 痛みのでない範囲で運動を継続する

ホームエクササイズの注意点

当院では患者様の個々の状態また身体機能に応じて理学療法士がホームエクササイズの方法・運動量を調整しています。

ホームエクササイズの方法および運動量は画一的なものではなく、個々の患者様に合わせたものが必要です。

ホームエクササイズの実施については、理学療法士の指導に沿って行ってください。

基本動作

前方ステップ

  1. 片方の足を前にだす。
  2. 前足にお尻(骨盤)が乗るように体重移動を行う。*骨盤が過度に横に動かない、お尻の力が抜けない

前方ステップ時に不安定になってしまう場合は、手すり、または、壁に手をおいて練習します。

理学療法士が患者様の歩行を評価し、患者様に合った修正方法を提案いたします。

ウォールスライド

  1. 壁から約10cm離れた所に前足を置き、壁に同じ側(または反対側)の手を置く。
  2. 壁にそって手を上に滑らせながら、前足にお尻(骨盤)が乗るように体重移動を行う。

膝が曲がらない、腰がそらない、ように気をつけましょう。

体重移動の際は、お尻が前足にのる、おへそが壁方向に向くように行いましょう。