エクササイズのポイント

  • 腰椎中間位(ニュートラル):反りすぎない・丸まりすぎない
  • 肋骨・脊椎・骨盤は動かない
  • 呼吸を止めない
  • 痛みのない範囲で運動を継続する

ホームエクササイズ 注意点

当院では、患者様の個々の状態また身体機能に応じてホームエクササイズの内容・運動量を調整しています。

ホームエクササイズの実施については、理学療法士の指導に沿って行ってください。

お腹に力を入れる

お腹に力を入れる方法には、ブレーシングまたはドローイン(アブドミナルホローイング)があります。

どちらの方法を行うかは理学療法士が患者様の状態、やりやすさ、効果を確認して判断します。

<運動量の目安> 10回

ブレーシング

  1. 仰向け、両膝を曲げ、力を入れたい場所に指を置く
  2. 腰椎中間位、3~5秒間、指を押し返すように力を入れる

    お腹の真ん中(腹直筋)に力が入らない
     

ドローイン(アブドミナルホローイング)

  1. 仰向け、両膝を曲げ、力を入れたい場所に指を置く
  2. 腰椎中間位、3~5秒間、下腹部を背中方向にゆっくり引き込み、下腹を触って深部の筋肉が硬くなるのを感じる

    横腹に力がはいらない

仰向けで難しい場合は、横向き、または、四つ這い、などで練習します。

 

お腹に力を入れた状態で上肢・下肢を動かす

<運動量の目安> 10回

足を5cmスライド

踵が浮かないように注意しましょう。

大腿を5cm外に開く

骨盤が動かないように注意しましょう。

大腿を1cm挙げる

膝を伸ばすのではなく、ももの付け根(股関節)から動かすようにしましょう。

大腿を股関節90°まで挙げる

膝を伸ばすのではなく、ももの付け根(股関節)から動かすようにしましょう。

両手が見える範囲で万歳

腰がそらないように注意しましょう。