膝前十字靭帯再腱術後の理学療法

膝前十字靭帯損傷・断裂とは 前十字靭帯(Anterior Crucial Ligament:以下 ACL)損傷はスポーツ膝障害のなかでも頻度が高い疾患です。 対人での接触な...

続きを読む

外反母趾の理学療法

外反母趾とは 外反母趾とは、”母趾の付け根(母趾MTP 関節)が小趾の方向に曲がった状態(外反)” のことを言います。 外反母趾診療ガイドライン2014改訂第2版では、「外...

続きを読む

FAI(大腿寛骨臼インピンジメント)の理学療法

FAI(Femoroacetabular Impingement ; 大腿骨寛骨臼インピンジメント) FAI(大腿骨寛骨臼インピンジメント:インピンジメントとは衝突や挟み込みを意...

続きを読む

半月板損傷の理学療法

半月板損傷 半月板は膝関節の中で大腿骨(だいたいこつ)と脛骨(けいこつ)の間に内側と外側にそれぞれ2つあり、膝関節に加わる力を分散させるクッションの役目をしています。 ...

続きを読む

変形性膝関節症の理学療法

変形性膝関節症とは 変形性膝関節症とは、関節軟骨の変性と摩耗、滑膜炎、骨棘、半月板の変性といった、関節の組織また関節の変形が起きている疾患です。 膝の可動域制限、筋力低下、歩行...

続きを読む

足関節外側靱帯損傷の理学療法

足関節外側靭帯損傷とは 足関節外側靭帯損傷とは、足関節の外側の靭帯(前距腓靭帯、踵腓靭帯、後距腓靭帯)を損傷した状態のことをいいます。 以前は、「捻挫」は”すぐ治る”、”放...

続きを読む

変形性股関節症の理学療法(準備中)

準備中

続きを読む