大腿骨寛骨臼インピンジメント

大腿骨寛骨臼インピンジメント(FAI:Femoroacetabular Impingement)とは、大腿骨または骨盤の寛骨臼の構造的な問題のため、日常生活動作における股関節の可動範囲で大腿骨頸部と臼蓋が繰り返し接触し、関節軟骨や関節唇に微細な損傷や変形が生じる疾患とされています。

活動性が高いスポーツに携わる若年者に多い疾患です。

初期症状は活動量の増加、長距離の歩行で鼠蹊部や臀部の違和感や痛みを感じます。

大腿前面や外側に痛みを訴える人もいます。症状が進行すると痛みを感じる頻度が増え、痛みを伴う股関節の引っかかりや、不安感を伴います。

痛みが生じやすい動作として、「股関節を深く曲げる」「低い椅子などへの持続的な座位」「靴下を履く時」「自動車の乗り降り」痛い側の足でターンをする時」などがあります。

大腿骨寛骨臼インピンジメントは骨の変形状態によって2つの分類に分けれれます。

臼蓋側(骨盤側)の変形を認めるものをpincer type、大腿骨頚部の変形を認めるものをcam typeと分類されます。また、両方の変形を認めるものをcombined typeまたはMixed typeと呼ばれています。図で赤くなっている部分に変形が生じます。

診断は画像所見、身体所見を中心に、病歴などから総合的に診断することが推奨されています。

大腿骨、臼蓋の変形はレントゲン画像で評価され、関節唇損傷や軟骨変性の評価にはMRIが有効と報告されています。

股関節周囲の痛みはインピンジメント以外にも、腸脛靭帯炎、梨状筋症候群、中臀筋・小臀筋腱炎、またスポーツ活動によって股関節に痛みを訴える場合はグロインペイン症候群(鼠蹊部症候群)も鑑別が必要となります。

大腿骨寛骨臼インピンジメントの治療ではリハビリテーションが第一選択になります。

当院では医師と理学療法士が連携して患者様の評価を行い、原因に対して治療プラン、リハビリの内容を作成し実施しております。

大腿骨寛骨臼インピンジメントの理学療法

大腿骨寛骨臼インピンジメントの理学療法には、日常生活指導、ストレッチ・関節モビライゼーション、運動療法、姿勢修正エクササイズ、動作修正エクササイズ、インソールなどがあります。

理学療法士が個々の患者様の身体・状態を評価し、機能障害の要因を判断し、治療内容を調整していきます。

理学療法士とは(外部リンク)

日常生活指導

日常生活で痛みのある場合、あぐら、割り座、しゃがみ込み、足を組んで座るなどの股関節に負担のかかりやすい姿勢は控えるようにします。

また過度に股関節を動かすスポーツ(体操選手、バレエなど)を行って痛みがある時期は無理せず痛みの出る動作は控える必要があります。

ストレッチ・関節モビライゼーション

問題となっている膝関節だけでなく、隣接関節(足関節・膝関節など)に対しても、ストレッチ、関節モビライゼーション、筋膜リリースといった技術を用いて、関節の可動域を改善していきます。

また、関節可動域の維持・向上のために患者様自身にもご自宅でのストレッチ・運動をご提案しています。

<当院で指導しているホームエクササイズ(自主トレ)>

ホームエクササイズ

運動療法(有酸素・筋力トレーニングなど)

個々の身体機能、競技特性を考慮したストレッチング、筋力トレーニング、運動パターンの修正を行います。

股関節外転筋の筋力低下がある場合は下肢のエクササイズを行います。

また、体幹筋の機能低下、コントロール不良により股関節周囲の筋群にストレスがかかっている場合には体幹筋のコントロールエクササイズを行います。

大腿骨が骨盤上で逸脱することなくコントロール出来るようなトレーニングも実施します。

姿勢修正エクササイズ

不良姿勢により股関節周囲筋の筋力低下や、股関節前面のストレス増大が生じている場合には姿勢修正の指導を行います。

動作修正エクササイズ

スポーツ動作において股関節屈曲・内転・内旋動作、膝が内側に入るような動作(Knee in)、つま先が外側を向く動作(Toe out)、では股関節前方のインピンジメントが生じやすいです。

Knee inやToe out を改善するために、荷重下での動作練習を行います。協調性低下がある場合は、個別に動的制御エクササイズを行います。  

インソール

股関節・膝関節・足部機への負担軽減、足部機能・バランスの改善、アーチのサポート、変形予防などを目的にインソールを作製します。

足サイズ・足の形態・立位姿勢などの評価に加え、歩行などの動作を確認しながら調整することで、より機能的なインソールを作製しています。

インソール作成についてはこちらをご確認ください。

インソール作製(保険外診療)