超音波骨折治療器の紹介

こんにちは、理学療法士の佐藤です。

 

今日は当院の超音波骨折治療器を紹介したいと思います!

 

通常手術を伴わない骨折の治療では、患部をギプスやシーネによる固定で自然に骨の癒合(折れたりヒビが入った骨同士がくっつくこと)を待つというのが一般的な治療方法になります。

そこで新しい治療法として超音波骨折治療器を使うことで

 

骨癒合をただ待つだけではなく積極的な骨折治療として、低出力の超音波を骨折部位に1日20分当てることで、骨折を治すために働く細胞たちを活性化させて骨癒合までの期間を短縮させる効果が期待できます。

 

骨折したばかりの新鮮骨折では、自然に骨癒合を待つのに対し、超音波骨折治療器を使用することで骨癒合するまでの治療期間が約40%短縮することがわかっています。

 

電気が流れるわけではなく、内臓の超音波検査に使われるような弱い超音波を患部に照射するため、違和感や痛みを全く感じません。

 

スポーツ選手にも使われ始めて一般に知られるようになった治療方法です。

 

早期のスポーツ復帰を目指すことも期待できます。

 

超音波骨折治療器を希望される方は医師・スタッフにご相談ください。

Follow me!