当院では、新型コロナウィルス感染症の予防・対策として、以下の取り組みを行なっております。

新型コロナウィルス感染症の予防・対策

  • スタッフの検温の義務づけ(体調不良の場合は自宅待機)
  • スタッフのうがい・手洗い・アルコール消毒の徹底
  • スタッフの常時マスク着用
  • 院内消毒の徹底
  • 室内の空気還流・ウィルス不活化のためにプラズマクラスター搭載空気清浄機を増設(合計4台)
  • 治療用ベッドを2m以上の間隔に設置
  • リハビリテーション室内での呼吸が激しくなるような運動の中止

患者様へのお願い

  • 当院を受診される際には、マスクを着用していただくようお願いいたします。
  • 患者様の受付での待機人数を分散させるために、リハビリ通院中の患者様を対象に先会計の実施をお願いしております。
  • 以下に当てはまる項目がある場合は、新型コロナウィルス感染症感染拡大防止の観点から、当院での診療は出来かねますので内科併設の施設への受診をしてください。

    ●現在、または過去10日以内に37.5℃以上の発熱があった。
    ●現在、または過去10日以内に原因不明の下記の症状がある。
    【咳、咽頭痛、鼻汁・鼻閉、味覚・臭覚障害、下痢、嘔気・嘔吐等】
    ●2週間以内に、法務省・厚生労働省が定める諸外国への渡航歴がある。
    ●2週間以内に、新型コロナウィルスの患者やその疑いがある患者との接触歴があり、待機期間内(自主待機も含む)である。
    ●2週間以内に、新型コロナウィルスのクラスターがおこった施設に居た。

    ※今後通院中に上記に当てはまる状態になった場合も同様に当院での診療は出来かねますので、何卒ご理解ください。

  新型コロナウィルス感染症予防のため、ご理解ご協力をよろしくお願いいたします。