疾患別の理学療法について説明しています。

膝前十字靭帯再腱術後の理学療法

膝前十字靭帯損傷・断裂とは前十字靭帯(Anterior Crucial Ligament:以下 ACL)損傷はスポーツ膝障害のなかでも頻度が高い疾患です。 ...

続きを読む

大腿寛骨臼インピンジメントの理学療法

大腿骨寛骨臼インピンジメント 大腿骨寛骨臼インピンジメント(FAI:Femoroacetabular Impingement)とは、大腿骨または骨盤の寛骨臼の構造的な問題のため、...

続きを読む

膝半月板損傷の理学療法

半月板損傷 半月板は膝関節の中で大腿骨(だいたいこつ)と脛骨(けいこつ)の間に内側と外側にそれぞれ2つあり、膝関節に加わる力を分散させるクッションの役目をしています。 ...

続きを読む

頸椎症性神経根症・頸椎椎間板ヘルニアの理学療法

頸椎症性神経根症・頸椎椎間板ヘルニアとは 頸椎症性神経根症とは、椎体、椎間関節、椎間板、靱帯などの加齢に伴う変化により神経根が圧迫され、疼痛や感覚異常などの症状が起きた状態です。...

続きを読む

膝前十字靭帯損傷・断裂とは

前十字靭帯(Anterior Crucial Ligament:以下 ACL)損傷は膝関節のスポーツ障害のなかで発生頻度が高い怪我の1つです。この怪我は、プレー中に直接的・間接...

続きを読む

野球肩の理学療法

野球肩(投球障害肩)とは 野球肩(投球障害肩)とは、投球動作によって肩関節周囲に損傷が生じ疼痛を主訴とする状態です。 「野球肩」という診断でも損傷される部位や組織は異なりま...

続きを読む

足関節外側靱帯損傷の理学療法

足関節外側靭帯損傷(足関節捻挫)とは足関節外側靭帯損傷とは、足関節の外側の靭帯(前距腓靭帯、踵腓靭帯、後距腓靭帯)を損傷した状態のことをいいます。  足関...

続きを読む

腰部椎間板ヘルニアの理学療法

腰部椎間板ヘルニアとは 腰椎椎間板ヘルニアは、椎間板の変性が進行し、外側の線維輪(せんいりん)の後方部分が断裂し,真ん中にある変性した髄核(ずいかく)が断裂部から後方に逸脱するこ...

続きを読む

腰椎すべり症・分離症の理学療法

準備中

続きを読む

肩関節周囲炎の理学療法

肩関節周囲炎とは 明らかな外傷や誘因がなく肩の経年変化によって肩関節周囲組織に炎症が起きた状態を肩関節周囲炎といいます。 特徴的な症状として、肩周囲の痛みや可動域の制限があ...

続きを読む