シーバー病の疫学・病態

シーバー病は、1912年にジェームス・W・シーバーにより報告された踵骨(しょうこつ:かかとの骨)の骨端症で、スポーツを行う成長期の小児、8〜15歳の男児に多く発症します。骨端症の病名は、第1報告者となった当時の整形外科医の名前が由来となっています。

シーバー病は、体重がかかった時や運動後の踵の痛み、踵の圧痛が特徴です。片側だけでなく両側の発症も起こりえます。踵骨にはアキレス腱や足底腱膜が付着しており、同部位への持続的な牽引力や繰り返される踵への圧力などが発症の原因として考えられています(図)。成長期は骨の成長と比較してアキレス腱の延長が遅いことも踵を強く牽引する要因の1つとなっています。

踵に負担がかかる理由として、練習量が多い(オーバーユース)、下肢の柔軟性低下、体幹やお尻の筋力低下、股関節のコントロール低下、足部の機能低下、扁平足などの足部の構造上の問題、靴が合っていない、などがあります。

シーバー病の理学療法評価

理学療法評価では、姿勢・アライメント、踵の内側・外側の圧痛、足関節の可動域、体幹やお尻の筋力、動作時の足部の形状、スポーツ動作などを評価します。

立位時・動作時の足部の形状(アライメント)は裸足で評価します。足部過回内は踵骨が内側に傾いた状態で、アキレス腱・足底腱膜に負担がかかりやすい状態です(図)。

衝撃吸収や適切な重心移動のために、足関節の可動域、特に、背屈可動域(下腿が前に倒れる)が重要になります。背屈可動域は下腿三頭筋などの筋肉の硬さや足関節の制限により低下します。

ステップ時の足部が内側につぶれる動作(過回内)、膝が内側に入る動作(Knee in)、足関節の制限やステップ時のつま先が外を向く動作(Toe out)などによって、アキレス腱や足底腱膜に負荷がかかります。

これらの不適切な動作は、下肢の柔軟性低下、体幹やお尻の筋力低下、股関節のコントロール低下、足部の機能低下、扁平足などの足部の構造上の問題などが原因として考えられます。

身体機能の評価以外では、適正サイズ、靴の履き方、靴の選び方も評価します。

足サイズよりも靴サイズが大きすぎる場合も、靴の中で足が不安定になり踵に負荷がかかる原因になります。小学生の場合、大きめの靴を購入することがあります。中敷のつま先の方にゴミが溜まる、足の指の跡が極端に手前にある場合は注意が必要です。

シーバー病の理学療法・リハビリ

病態やステージ(急性期・慢性期)などを考慮し、個々の機能障害因子に対して、適切な理学療法を行っていきます。

下肢の柔軟性低下に対してはストレッチや関節モビライゼーション、体幹やお尻の筋力低下や足部の機能低下に対してはエクササイズ、股関節のコントロール低下に対しては動作練習を行います(図)。

ストレッチはご自宅でもできるように指導します。低学年やご家族が手伝える場合は、パートナーストレッチもご指導いたします(動画撮影も可能です)

エクササイズは“効かせる筋トレ”ではなく、上手に身体を使い、正しいタイミングで目的となる筋肉がしっかり働くことが大切です。理学療法士が動作や筋肉の働きを確認しながら適切な動作を習得していきます。

足サイズが合っていない、靴の履き方や選び方が適切でない場合は、足と靴のフィッティングを行います。

小学生は初めて靴ひもタイプの靴を履きます。靴ひもタイプの靴を履き始めるこの時期に”足と靴のフィッティング”を覚えることは大切です。適正サイズ、靴の履き方、靴の選び方が適切でない場合は、「足と靴のフィッティング」を指導します。

個々の機能障害因子に対して理学療法を行いますが、練習量が身体機能に合っていない、オーバーユースになっている場合は、練習量を調整します。スポーツ復帰にあたっては、段階的に運動強度を上げていきます(例:ジョギング → ランニング → ダッシュ → ターン・ジャンプ動作 → チーム練習(ノンコンタクト) → コンタクト)。最初は50~60%の強度で復帰し、徐々に100%に近づけていくことで再発を予防します。

踵への衝撃吸収力の向上、足部のアーチ機能を支えるために、状況に応じてインソールもご提案しています。ご希望の場合は、担当の理学療法士にご相談ください。

シーバー病の理学療法のポイントは、疼痛が強い時期は安静または体重がかかる運動の制限を行い、柔軟性・筋力を改善しながら適切なスポーツ動作の獲得を行います。足と靴のフィッティングが不適切な場合は、適切サイズ・靴の選び方・靴の履き方を見直すことも重要です。

(執筆:理学療法士 中村 幸之進)