整形外科

当院は、急性期〜慢性期、小児〜高齢者、スポーツ障害、外傷、四肢・脊椎疾患など、幅広い年齢層、疾患に対応しています。

診察では、保存療法、または、手術が必要かどうかという判断を大切にしています。

注射や薬は必要な時期に必要な量だけにとどめ、痛みの原因に対する治療を心がけています。

当院では、保存療法が適応と判断した場合は、投薬、また、理学療法士によるリハビリテーション(理学療法)を実施しています。

  

詳細な検査・手術が必要な場合、大学病院(順天堂大学附属練馬病院など)をご紹介しています。

当院では、手術後のリハビリテーションも行なっております。

毎週水曜日午前、順天堂大学練馬病院のカンファレンスに参加し、当院から紹介した患者様、また、順天堂大学練馬病院から紹介された患者様の状態、経過を確認しています。

<術後リハビリテーション実績>
2019年4月~2020年3月に運動器リハビリテーションを実施した術後患者数は合計で118名、前十字靭帯再建術後 46名(35%)、人工股関節置換術後 26名(21%)、肩腱板断裂術後 19人(16%)、人工膝関節置換術後 13名(11%)、骨折術後 8名(7%)、その他 12名(10%)となっております。

主な整形外科疾患

外傷・骨折

  • 外傷性頚部症候群・頚椎捻挫、頸椎由来のめまいや頭痛
    (労災保険・自動車賠償保険適応医療機関)
  • 鎖骨骨折
  • 上腕骨頚部骨折
  • 橈骨遠位端骨折
  • 圧迫骨折
  • 大腿骨頚部骨折

上肢

  • 腱板損傷
  • 肩関節周囲炎
  • 肩インピンジメント症候群
  • 胸郭出口症候群
  • 上腕二頭筋腱断裂
  • 上腕骨外側上顆炎
  • 肘関節靱帯損傷
  • 肘部管症候群
  • 手根管症候群
  • 手指の変形
  • 上肢の末梢神経障害

下肢

  • 変形性股関節症
  • 変形性膝関節症
  • 先天性股関節脱臼
  • 大腿骨頭壊死
  • 膝半月板損傷
  • タナ障害(滑膜ひだ障害)
  • オスグッド・シュラッダー病
  • 腓骨筋腱脱臼
  • 後脛骨筋腱炎
  • 足底筋膜炎
  • 外反母趾
  • 扁平足・開張足
  • モートン病
  • シーバー病
  • 足関節外側靱帯損傷(足関節捻挫)
  • 下肢の末梢神経障害

脊椎

  • 頸椎症
  • 頸椎症性脊髄症
  • 頸椎症性神経根症
  • 頸椎症性筋萎縮症
  • 頸部椎間板ヘルニア
  • 変形性頸椎症
  • 変形性腰椎症
  • 腰椎椎間板症
  • 腰部椎間板ヘルニア
  • 腰椎すべり症
  • 腰椎分離症
  • 急性腰痛・慢性腰痛
  • 梨状筋症候群・坐骨神経炎
  • 仙腸関節炎

全身・その他

  • 関節リウマチ
  • 骨粗鬆症
  • 痛風
  • 閉塞性動脈硬化症

スポーツ整形外科

スポーツ障害とは、スポーツ外傷とスポーツ障害にわかれます。

スポーツ外傷とは「スポーツ活動中、身体に急激な大きな力が加わっておこる不慮のケガ」、スポーツ障害とは「スポーツ動作の繰り返しによって身体の特定部位(骨、筋肉、靱帯)が酷使されることによっておこるもの」をいいます。
(公益社団法人 日本整形外科学会(外部リング)

スポーツ外傷・障害の診断と治療はもとより、他院で診断や手術を受けた方などもスポーツ復帰へ向けてのリハビリテーションや運動指導を行なっております。

スポーツ障害は問題が内在している場合が多く、一時的に休めばよくなりまが、休養のみで問題を残した状態でのスポーツ復帰は再発につながります。

怪我をした部位だけではなく、姿勢、柔軟性、筋力、また、身体の動かし方といったスポーツ障害を誘発する問題を取り除くべく、医師と理学療法士が連携して評価・治療を行なっています。

早期復帰のためのリハビリテーションを、毎日でも受けられるように完全予約制をとり、状況に応じて複数の理学療法士が治療を担当いたします。

主なスポーツ整形外科疾患

  • 肩腱板損傷
  • 野球肩
  • 野球肘
  • テニス肘
  • 膝関節前十字靱帯損傷
  • 膝内側靭帯損傷
  • 膝半月板損傷
  • 腸脛靱帯炎
  • 鷲足炎
  • シンスプリント
  • アキレス腱断裂
  • アキレス腱炎
  • Jones骨折
  • 足関節外側靭帯損傷(足関節捻挫)